読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

95%好きなことをするろぐ

生粋の一人っ子じいやが、一人でも楽しく毎日をすごすため「95%好きなこと」をしていくブログ

DTMをはじめたい。

DTM

みなさん、こんにちは!じいやです。

 

私は今、DTM(Desktop music)をはじめたいな~と、

思っていまして。

 

DTMとは、簡単に言えばパソコン上で音楽をつくること。

実際にギターを弾いたり、ドラムをたたいた音を録音してくっつける方法や、

パソコンに入っているドラムの音やギターの音を組み合わせて

音楽を作ることもできます。

 

今は、自分なりに作曲本を読んだり、

実際に音楽を制作するソフトをPCにダウンロードしたりと

着々と準備を進めている段階にいます。

 

DTMに興味を持ったきっかけ

 私がDTMおもしろそう!って思ったのは、

愛用しているiPhoneにあらわれた「GarageBand」がきっかけです。

 

 

 

GarageBand

開発元:Apple
¥600
posted with アプリーチ

 

これがないとDTMが始められない!!

音楽制作用のソフトですね。

いろんな種類があるのですが、

 

>【在庫あり】Steinberg スタインバーグ / Cubase Pro 9 通常版 DAWソフトウェア (CUBASE PRO/R) 【送料無料】価格:61,560円
(2017/2/25 18:09時点)
感想(0件)

 

>●TASCAM Professional Software (Cakewalk) SONAR PLATINUM価格:53,782円
(2017/2/25 18:10時点)
感想(0件)

ここらへんが、プロも使っているソフトらしい。(インターネット調べ)

でも、無料のアプリからいきなり5万円以上のソフトって、、、

きついな?

 

そこで、とりあえずフリーソフトをダウンロードしてみることに。

私がダウンロードしたのは、

「studio one free」です。

 

このソフトは、上記に出てきた「Cubase」を作った人が、

新たに使いやすいソフトを、、、と開発した「Studio one」の無償版です。

使用期限とかもなく、「ほんとにフリーソフトなの?」というくらい

いろんな機能が入っています。

このソフトが気に入って、アップグレードしたい!となったら、

「Studio one」にも引き継げるそう。

 

ちなみに、私の使っているPCは、surface pro 3」です。

 

買った当初はレポートと少しのネットくらいにしか使わないな、と思って

メモリは4GBで、DTMするには少し心もとないスペックなのです。

それでもサクサク動きます。

 

今のDTM環境

f:id:ziya-vogita:20170225182441p:plain

ごちゃごちゃしてますね~~~~

surfaceはUSBが一つしかさせないので、ハブを使ってなんとか

やりくりしてます。見た目がダサいのが悩み。

 

そして、「MIDIキーボード」を導入しました。

和音を打つとき、マウスでポチポチするのが結構しんどくて、

セールしていたM-AUDIOの「KEYSTATION MINI32」を購入!

 

>M-AUDIO Keystation Mini 32 II 【Ableton Live 9 Lite日本語クイックリファレンス付属】

価格:5,378円
(2017/2/25 18:28時点)
感想(3件)

 

とりあえず「音楽やってる」感が増したのでテンション上がります。

 

 

あと、DTMをやるのに必要とされているのに、

オーディオインターフェースというのがあるのですが、

そこまでまだ本格的な音楽を作ろうと思っていないので、

導入をためらっています

 

けっこういろんな本やサイトで、「最低限必要なもの」にはいっているんですけどね。

 

>Roland ローランド / QUAD-CAPTURE UA-55 【スタートセット!】USB オーディオインターフェース(UA55) 【送料無料&代引き手数料無料】

価格:23,200円
(2017/2/25 18:32時点)
感想(1件)

 

これはエントリーパックなので、ヘッドホンやマイクもついてます。

買うならこれが欲しいな、と思いつつ。

 

とりあえず環境やきっかけについてかけたので、

次はどんな風にはじめたかを書きたいと思います('ω')ノ

.entry-content h3{ color: #444444; background: #f3f3f3; padding: 10px 15px; border-left: 10px solid #e07000; }